HOME > 生ゴミ処理機 環境用語集 > エコマーク

生ゴミ処理機 環境用語集

エコマーク

エコマークとは、環境負荷が少なく、環境保全や改善に役立つと認められた商品につけられるマークのこと。

ISO(国際標準化機構)で規格化された「環境ラベル」が基本となり、消費者が環境に対してよりよい商品を選ぶ目安として、日本では1989年より始まった。
審査と認定は、環境省所管の財団法人日本環境協会が行っている。

「生ゴミ処理機 環境用語集」 一覧に戻る

PAGE TOP