HOME > 生ゴミ処理機 環境用語集 > エルニーニョ現象

生ゴミ処理機 環境用語集

エルニーニョ現象

エルニーニョ現象とは、太平洋の赤道付近の海面温度が異状昇温する現象のこと。

太平洋では貿易風(東風)が吹いており、通常はこの風により太平洋東部の暖かい海水が太平洋西部へと流れる。
エルニーニョが発生すると、この貿易風が弱まり暖かい海水が太平洋中部・東部に滞留し、海水温度が上昇してしまう。これにより気圧が変動し異常気象が発生する。
日本では長梅雨、冷夏、暖冬となることが多い。

エルニーニョ現象が発生すると海水温度が平年に比べ1~2℃上昇する。逆に海水温度が低くなることをラニーニャ現象という。

「生ゴミ処理機 環境用語集」 一覧に戻る

PAGE TOP