HOME > 生ゴミ処理機 環境用語集 > 京都議定書

生ゴミ処理機 環境用語集

京都議定書

京都議定書とは、1997年12月京都で開かれた「気候変動枠組条約第3回締結国会議(COP3)」で採択された、地球温暖化を防止するための国際的な枠組みとなる議定書のことをいう。

先進国などに対して、2008年~2012年の間に、6種の温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、ハイドロフルオロカーボン類、パーーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄)の排出を、1990年比で一定数値を削除することを義務付けている。
日本は2008年4月からの年度として開始されている。

全体で5.2%の削減を目指しており、主要国では日本6%、アメリカ7%、EU8%などと目標値を定めている。これらの目標には法的な拘束力がある。
また、削減数値目標を達成するために、京都メカニズム(柔軟性措置)や、森林吸収源などの新たな制度や仕組みが導入されている。

一方、温室効果ガス最大排出国であるアメリカの不参加や、中国やインドなど経済発展の目覚しい途上国に排出量の削減義務がないことが課題となっている。

アメリカ、オーストラリアが京都議定書から脱退していることには、多くの国から非難されている。

「生ゴミ処理機 環境用語集」 一覧に戻る

PAGE TOP