HOME > 生ゴミ処理機 環境用語集 > 酸性雨

生ゴミ処理機 環境用語集

酸性雨

酸性雨とは、pHが5.6以下の酸性の雨のことを言います。

都市部、工場群での、化石燃料を燃やすときなどに発生する二酸化硫黄や窒素酸化物(NOx)などが酸性物質として雨となって降ることだ。
酸性雨よる影響は広範囲にわたり、、河川や湖沼、土壌などの自然や生物などに被害が及んでいる。
丹沢のブナが立ち枯れも酸性雨の影響と言われている。
また、建造物の外壁などにも被害がおよび問題となっている。

近年は、中国をはじめとする東南アジアの酸性物質が風に乗って日本にも到達することで発生している光化学スモッグも問題である。

「生ゴミ処理機 環境用語集」 一覧に戻る

PAGE TOP