HOME > 生ゴミ処理機 環境用語集 > 排出量取引

生ゴミ処理機 環境用語集

排出量取引

排出量取引とは、各国や各企業ごとに温室効果ガスの排出枠を定め、抑制に成功した国や企業と目標数値に足りなかった国や企業との間で、超過分や不足分を市場で取引する制度ことです。

京都議定書の第17条に規定されており、京都メカニズムの1つ。

削減目標値を達成し、更に削減できた場合に、その余剰分を金銭を対価として売却できる
という経済手法を取り入れることによって、より柔軟に世界全体の温室効果ガスの抑制を行
うのが目的である。

「生ゴミ処理機 環境用語集」 一覧に戻る

PAGE TOP