HOME > 生ゴミ処理機 環境用語集 > メタンガス

生ゴミ処理機 環境用語集

メタンガス

メタンガスとは、有機物の腐敗、発酵により発生する無色・無臭の可燃性ガスのことをいう。

発生は、ゴミ埋め立て処分場、下水の汚泥、家畜のふん尿の分解過程などから発生します。
このメタンガスの影響は深刻で、地球温暖化の原因である温室効果ガス全体の約2割を占めている。(二酸化炭素が占める割合は約6割)

しかも、その温室効果は二酸化炭素の約10倍といわれています。
そのメタンガスを発電エネルギーとして利用する研究も進められている。

「生ゴミ処理機 環境用語集」 一覧に戻る

PAGE TOP