HOME > 生ゴミ処理機 環境用語集 > 3R

生ゴミ処理機 環境用語集

3R

平成11年の産業構造審議会にて「循環型経済システムに構築に向けて」(循環経済ビジョン)が
作成された。その中のごみ問題の対策として、廃棄物処理やリサイクルの優先順位を表すもの
が3Rである。

3Rとは
「Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)」
「Reuse(リユース:再使用)」
「Recycle(リサイクル:再資源化)」
の頭文字を取ったものである。

この優先順位は「循環型社会形成推進基本法」に基づき、
(1)リデュース、(2)リユース、(3)リサイクル、(4)熱回収(サーマルリサイクル)、(5)適正処分
と定めている。ゴミを出さないこと、出たゴミは再使用するか、リサイクルすることにより、
廃棄物の量を減らし資源を有効に利用することを進めることを目的としている。

「生ゴミ処理機 環境用語集」 一覧に戻る

PAGE TOP